資産運用
11 コメント
NYダウ上げ幅一時830ドル 雇用統計など受け大幅反発

4日のニューヨーク株式市場は、アメリカの雇用統計の結果などを受けて、大幅反発した。・映像でわかる「NYダウ上げ幅一時830ドル 雇用統計など受け大幅反発」ニューヨーク株式市場は4日、アメリカの2018年12月の雇用統計が市場予想を大幅に上回ったことや、FRB(アメリカ連邦準備理事会)のパウエル議長が...

続きを読む
資産運用
25 コメント
しまむらの給料はどのくらいか

シリーズでお伝えしている「企業年収給与研究」。最新の有価証券報告書をもとに注目企業の従業員の年収・給与や従業員数を見ていきましょう。今回は国内大手衣料小売企業であるしまむらです。しまむらの平均年間給与はいくらかしまむら(提出会社)の2018年2月20日時点での平均年間給与は 596.9万円と500万...

続きを読む
資産運用
31 コメント
韓経:米中同時沈滞の懸念…「安全資産」日本円が上昇

「安全資産」と評価される日本円が値上がりしている。世界経済規模1、2位の米国と中国の同時景気沈滞が懸念され、日本円の需要が短期間に急増したためと分析される。3日のソウル外国為替市場では前日比29.91ウォンもウォン安円高が進み、100円=1055.60ウォンとなった。終値基準では2016年11月23...

続きを読む
資産運用
18 コメント
NY株、一時650ドル超安

 【ニューヨーク共同】3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、2日の取引終了後に業績予想を下方修正したIT大手のアップルが相場全体の下げを主導し、前日からの下げ幅が一時650ドルを超えた。 午前10時40分現在は前日比632.90ドル安の2万2713.34ドル。ハイテク株主体のナスダック...

続きを読む
資産運用
10 コメント
東証終値、2万円割れ 大発会「アップルショック」直撃

 年明け最初の取引となる大発会を迎えた4日の東京株式市場は、世界経済の減速懸念の高まりから売り注文が優勢となり、日経平均株価が急落する波乱の幕開けとなった。日経平均の終値は前年末比452円81銭安の1万9561円96銭で、2万円の大台を割り込んだ。大発会での日経平均の下落は2016年以来3年ぶり。終...

続きを読む
資産運用
15 コメント
前場の日経平均は一時700円超安 アップル下方修正でリスク回避

[東京 4日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比607円37銭安の1万9407円40銭となり、大幅続落した。年末年始の国内休場中に米国株が下落した。米アップル<AAPL.O>が業績見通しを引き下げ、世界景気の先行き懸念が強まる中、急速なドル安/円高進行も加わり、リスク回避...

続きを読む
資産運用
30 コメント
日経平均終値、452円安 大発会、3年ぶり下落

 新年最初の取引となる4日の「大発会」の東京株式市場は、日経平均株価が前日の米国株価急落を受けて大きく値下がりした。日経平均の終値は前年末の終値より452円81銭(2・26%)安い1万9561円96銭。大発会の終値が、前年末の終値より下落したのは3年ぶり。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOP...

続きを読む
資産運用
24 コメント
就職氷河期を経験した40代の平均貯蓄額とはいくらか

40代は介護保険料の支払いが始まり、老後を少しずつ意識する人も多いのでしょうか。日本の40代の平均貯蓄額をご存知でしょうか。「自分の貯蓄額が平均と比べて高いのか、それとも低いのか」は、自分が40代でも実際には知らないという40代の人も多いでしょう。ここでは、日本の40代の平均貯蓄額を世帯構成別に知り...

続きを読む
資産運用
10 コメント
吉野家HDのお得な株主優待と最近の株価

シリーズでお伝えしている「個人投資家向けの株主優待研究」。株主優待制度は、株主は株式を発行している上場企業が提供している商品であったり、サービスの優待券であったりを手にすることができます。株式投資では値上がり益や配当が主な醍醐味ですが、それらに次いで株主優待も人気です。今回は吉野家ホールディングス(...

続きを読む
資産運用
29 コメント
日経平均は大幅続落、大発会では3年ぶり下落 一時700円超安

[東京 4日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅続落。大発会としては2016年以来、3年ぶりの下落となった。年末年始の国内休場中に米国株が下落。アップル<AAPL.O>が業績見通しを引き下げたことで世界景気の先行き懸念が広がり、リスク回避ムードが強まった。急速なドル安/円高も加わり、日経平...

続きを読む
資産運用
6 コメント
株の日本代表!日経平均株価を学ぼう

今日から2019年の新年相場が始まりました。出足はあいにくのスタートですが、よく耳にする「本日の日経平均株価」「TOPIX(トピックス)」とは何でしょうか。今回は、日経平均株価・TOPIXについて学んでいきましょう。日経平均株価って何?株式投資に興味を持ち始めると、ニュース番組が伝える株価動向や経済...

続きを読む
資産運用
3 コメント
2019年の株式市場、前半の株価は横ばいか 「米中交渉」に注目

 2018年の株式市場は、日経平均が2万1000円から2万4000円の範囲を行ったり来たりの展開となりました。年の後半からは米国の株価が下落したことから、日本株も下落する展開となり、年初との比較では大きく値を下げて1年の相場を終えています。 今年の株式市場については、2018年の後半に続いて、慎重な...

続きを読む
資産運用
20 コメント
高島屋の給料はどのくらいか

シリーズでお伝えしている「企業年収給与研究」。最新の有価証券報告書をもとに注目企業の従業員の年収・給与や従業員数を見ていきましょう。今回は国内大手百貨店である高島屋です。高島屋の平均年間給与はいくらか高島屋(提出会社)の2018年2月28日時点での平均年間給与は 669.6万円と600万円を超えてい...

続きを読む
資産運用
30 コメント
NYダウ、660ドル安 アップル・ショックが直撃

 3日の米ニューヨーク株式市場は、中国経済の減速を理由に米アップルが大幅な業績下方修正に踏み切った「アップル・ショック」を受け、大企業でつくるダウ工業株平均が大きく反落した。終値は前日比660・02ドル(2・83%)安い2万2686・22ドル。下げ幅は一時、707ドルに達した。 アップルは前日夕、中...

続きを読む
資産運用
23 コメント
日本製粉のお得な株主優待と最近の株価

シリーズでお伝えしている「個人投資家向けの株主優待研究」。株主優待制度は、株主は株式を発行している上場企業が提供している商品であったり、サービスの優待券であったりを手にすることができます。株式投資では値上がり益や配当が主な醍醐味ですが、それらに次いで株主優待も人気です。今回は日本製粉の株主優待と株価...

続きを読む
資産運用
31 コメント
中国、金融緩和で巨額資金供給

 【北京共同】中国人民銀行(中央銀行)は4日、金融機関から強制的に預金の一定割合を預かる預金準備率を1.0%引き下げる金融緩和措置を発表した。市場に1兆5千億元(約24兆円)の資金を供給する効果があるとしている。米中貿易摩擦の激化などで経済に下押し圧力が強まる中、巨額の資金供給で景気を下支えする狙い...

続きを読む
資産運用
29 コメント
貯蓄預金口座とは何か、その定義と現実

「貯蓄預金」をご存知でしょうか。あまりご存知ないという方もいるかもしれません。貯蓄預金は、そもそもはしっかりと貯蓄したい人の強い味方ともいえる便利な銀行口座です(でした)。ここでは、「貯蓄預金口座とはどのような口座なのか」また「貯蓄預金口座と普通預金口座の両方を持つメリットは何か」、そして低金利の中...

続きを読む
資産運用
28 コメント
アップルの売上減少で米株式市場急落

Appleの悪いニュースと海外および国内市場の成長鈍化によって、米国時間1月3日の株価はあらゆる主要市場で急落した。投資家たちはAppleだけで750億ドルの価値を失った。株価の下落はほとんどがAppleのニュースによるもので、NASDAQが3%、202.44ポイント、Dow Jones工業平均は2...

続きを読む
資産運用
31 コメント
アップル・ショック、世界の市場揺るがす 東証も急落

 東京株式市場は4日、新年初めての取引となる「大発会」を迎えた。日経平均株価は前日の米国株式市場の急落を受けて大きく値下がりして取引が始まった。下げ幅は一時770円を超えた。米中貿易摩擦で米アップルの業績が悪化したことに端を発した「アップル・ショック」が年明けの世界の金融市場を大きく揺さぶっている。...

続きを読む
資産運用
12 コメント
【2019年IPO】大型なき90社超の1年か ― “失われた30年”終焉で始まるユニコーン上場ラッシュ

2018年、ソフトバンクが国内最大の株式上場を遂げ、フリマアプリのメルカリは、「ユニコーン元年」と呼ばれた一年を代表する、企業価値10億ドル超のベンチャー企業としてのデビューを果たした。東京五輪が目前に迫る2019年、アメリカの景気後退を懸念する声は高まるが、国内企業のIPO(新規株式公開)に対する...

続きを読む

ハイライトニュース

連絡先の詳細

トウキョウト, キタク, オウジ, 9-5

電話番号: +8147-999-7550
郵便番号: 114-0002
ウェブサイト: www.qwscbvmkkr.com
メールボックス: info@qwscbvmkkr.com

免責事項

このウェブサイト上のすべてのコンテンツおよび写真はインターネットからのものであり、このウェブサイトは法的責任を一切負いません。